カテゴリ:未分類( 6 )

体のことを考えて意識的に行うこと


若いころが本当に懐かしいのですが、歳を取ると、だれだって若い頃に比べて心臓が弱くなるもの。ちょっと運動するだけで、動悸や息切れもしてくるもの。だけど、閉まっていると、体が心臓を鍛えて、症状を少しでも軽減しようと考える。鍛えると言っても、道具も手間もないし、休憩時間や手が荒い時に、深呼吸するだけでも良いと言われる。このような部分遺体して、どうしたら良いのかを考えた時に、自分にとって本当に大切なことを考えてから、自分独自なことをやってみるのもいいかと。
だけど、ある程度の根拠が無いとダメ。

コツはハイの中野息を吐ききってから、胸を広げって鼻から深く息を吸い込むこと。息を吸う時には胸にも力を入れて見るようにする。そして、胚芽いっぱいに膨らんでから、しばらくして、その状態を保つ。それから静かに鼻から口から細く長く息をする。

ほんのちょっとしたことなんですが、体のことを考えた時には非常によかったりするんですね。毎日続けていくことで、バッチのの効き目になったりする。

些細な事なんですが、こういったことをどれだけ繰り返していけるのか、やらないよりも、日々の生活の中で、行っていくことで、きっと新しい自分にもなるはず。

[PR]
by usironosugata | 2016-03-10 14:08

権衡を考えた料理

鉄な亜鉛などのミネラルを豊富に含まれている。鉄や亜鉛など。ミネラルは特に女性に不足しがちな成分だと言われている。鉄分が不足すると、赤血球が作れなくなるため、貧血やめまいの原因となるんだって。亜鉛は不足すると味覚障害の繋がると言われている。

こういったことを考えて、どれだけ自分にあったものを使えるのかがだいじ。

味覚障害に繋がる卵は一個にして、鉄分は1.3~1.4mgが一番無難と言われている。自分にあった用量をうまく活用して、本当に適量を体内に吸収させることが一番なはず。

鉄や亜鉛などのミネラルを豊富に吸収させておくことが本当に大切になると思いますね。

[PR]
by usironosugata | 2015-10-22 17:40

噛む回数を変えるだけで大きく変わる。



あんまり好きでもない食事はつい速く食べてしまう習慣があります。一口で食べてしまう食事はいけませんね。

あまりかまない問人は、一度に口に入れる量を減らしてみよう。一回の食事で噛む回数が自然と増え、時間をかけて食べられるようにもなる。食事中に水を飲むのもなるべく控えるようにする。

一口は小さく水で流し込んだりすると、消化もなく、栄養分を吸収できないそうです。これはいけませんよね?せっかく栄養分のあるものを食べているのだから、ちゃんとかんでから食べなくてはいけません。

噛むときも10~20回以上しっかりと噛むこと。そうすればダイエット効果があるそうです。カムだけでダイエット効果があるのは本当に嬉しい事ですよね?

噛み合わせにより、消化が良いために、脂肪燃焼や体脂肪率が低くなるそうです。速くカムのと、ゆっくりカムだけでもぜんぜん違うために、心がけたいところです。

[PR]
by usironosugata | 2015-01-17 11:41

ピルを始めようかしら

私妊娠かしら~、、、そんなことを思っていたんですが、実際は違っていました、、、単純に生理他遅れていただけ、、、。

今までは10日か11日に起こっていたのに、今回は一週間以上生理が遅れていた、、、。本当にヤバイかと思っていたんです。もしかしたらできちゃったのかも。

でも、それらしき行為はしていないし、
ってか、私には彼氏いないし、、、てへへ、、、。

やっぱり、わかいころ、思春期と違い、ホルモンの動きにズレが起こっているおかも知れないですね。

最近は、無駄に仕事が忙しくて、、、。
休みたいのに全く休めない、、、。完全にアウト状態です。

周りの人は休日をもらっているのに、私は上司に言えないのです・・・。こういったのは良くないんですよね、、、。自分でもわかっているのですが、なかなか直接言うことができないんですね、、、こういった生活は本当にダメだと思う、、、

でもね~、、、。

とりあえず、生理を整えるために、ピルを始めようかと思います。



先輩の話では、妊娠の予防や、今回のような生理の日をしっかりと把握できるそうです。
特に、20代に入ってからはピルを服用したほうが色々とプラスになるんだってさ。

[PR]
by usironosugata | 2014-10-13 08:21

運動で血流を改善させる

軽いストレス解消や、健康のことを考えて、適度な運動をしています。
夏の時期は太陽の刺激が強いために、ある程度距離は短かいのですが、それでも結構汗をかき、気分は爽快です。

普段から、運動不足がホルモンバランスに影響を与え、女性ホルモンの分泌が低下することもあります。
ウォーキングやジョギングなどの適度な運動を、毎日の習慣にすることは重要だと思います。

それから、まとまった時間が取れない場合は、ひと駅分でもいいので歩くこと。

結構な感じで、今までとは違ったところを歩くて目に、爽快感があり、楽しめることができたりするものなんですね。

そもそも運動とは、血液循環を高める効果があり、むくみや肩こりなどの症状を緩和にもつながります。
更に、日中体をし怒り動かすことで、夜もぐっすり眠れるので、快適な生活をおくることができるんですね。

[PR]
by usironosugata | 2014-09-09 08:21

食べる物の順番を意識することで変わるものとは・


ダイエットや体の健康のことを考えて「腹八分」が重要だそうです。
体も脳も若さをキープさせるために、このバランス感覚を養うことは大切になると思います。

体を与える食事のエネルギー量を3割減したら、寿命が延びる。検証結果のため、アカゲザルを20年以上も追跡調査をしたときに、このような結果が出たそうです。

たかがそれぐらいと軽く考えるんですが、食事を食べる品物ではなく、どんなものをどれくらい食べて、順番を意識しするかによって大きく異なるそうです。

あるボクサーは、一つな品物を継続して食べ続けるそうです。そして、量が減れば次の品物に。このようなことを繰り返す音で、消化が良くなり、栄養分をうまく吸収するそうです。

私も考えてから、食べる順番を意識したいものですね。
[PR]
by usironosugata | 2014-07-11 18:11