<   2016年 03月 ( 1 )   > この月の画像一覧

体のことを考えて意識的に行うこと


若いころが本当に懐かしいのですが、歳を取ると、だれだって若い頃に比べて心臓が弱くなるもの。ちょっと運動するだけで、動悸や息切れもしてくるもの。だけど、閉まっていると、体が心臓を鍛えて、症状を少しでも軽減しようと考える。鍛えると言っても、道具も手間もないし、休憩時間や手が荒い時に、深呼吸するだけでも良いと言われる。このような部分遺体して、どうしたら良いのかを考えた時に、自分にとって本当に大切なことを考えてから、自分独自なことをやってみるのもいいかと。
だけど、ある程度の根拠が無いとダメ。

コツはハイの中野息を吐ききってから、胸を広げって鼻から深く息を吸い込むこと。息を吸う時には胸にも力を入れて見るようにする。そして、胚芽いっぱいに膨らんでから、しばらくして、その状態を保つ。それから静かに鼻から口から細く長く息をする。

ほんのちょっとしたことなんですが、体のことを考えた時には非常によかったりするんですね。毎日続けていくことで、バッチのの効き目になったりする。

些細な事なんですが、こういったことをどれだけ繰り返していけるのか、やらないよりも、日々の生活の中で、行っていくことで、きっと新しい自分にもなるはず。

[PR]
by usironosugata | 2016-03-10 14:08